事例・実績

MIG/MAG溶接長尺パイプを安定的に円周溶接したい

フランジとパイプの円周溶接。ワーク固定、トーチ回転でエンドレス円周溶接。通称ケーブルレス。

800mm以上の長尺パイプの安定的な円周溶接を可能に。

システム概要
(1)システム概要とワークのサイズ・材質

送給装置ごと、トーチがエンドレスにて回転し、原位置復帰の必要が無い為、タクトの短縮に貢献します。
トーチ2本で溶接を行いますので用途は限定されますがタクトタイムの大幅な短縮が可能です。
ワーク固定でトーチ回転のため、大きなワークでも対応可能。

 

  1. パイプ  片側外径φ48.6 反対側φ50.8
             基準点間長1786mm t1.2 材質HFLS436L
  2. フランジ φ48.6±0.3 t1.5 ピン位置 P.C.D.86 3-φ22
(2)システム概要図

(3)要求仕様を満たすための創意工夫
  1.  テーブル下部にスリップリングを設け、メタリックカーボンブラシにより給電することにより、エンドレス回転が可能となった。従来はアナログ溶接電源のみの対応で合ったが、デジタル溶接電源にも現在は対応することが可能。
  2. オーバーラップ溶接長を調節するためのLSが付属。
    また、ラップ長を微調整出来るように、ストライカー(ドッグ)の取り付け穴の長穴は長さに余裕を持っており、ストライカーの位置を調整する事でオーバーラップ長を容易に変更可能とした。
  3.  要求仕様により複数機種に対応する必要があった。
    →後方受けクランプは段替えにて回転可能な方式とした。4面にて異なるパイプ曲げの機種に対応することが可能。
お客様のメリット
(1)生産性のアップ(スピード等)

ワークセット後クランプ時間1秒アーク時間はトーチ2本にて約9秒。原点復帰時間が0秒となった。ロボット2台で行う場合には原点復帰時間が5秒加算される。トータルでタクトタイムは約30%削減された。

(2)省人化、省スペース化

設置スペースは幅1317×奥行き1852(自立カーテン含む)
となっている。一方でロボット2台とポジショナを設置した場合の幅は2200程度となるため、設置面積は40%削減された。

(3)コストダウン

ロボット2台とポジショナを使用した場合には通常価格は1200万以上となるが、本件では700万と大幅にコスト削減。

システム詳細
(1)設備構成
  • 2電極式ターンテーブル ×1式
    ・VFモートル 400W
    ・テーブル回転数調整範囲0.7~7 rpm
    ・エアー・ガス供給ロータリー弁付き
    ・溶接電源供給用メタリックカーボンブラシ付き
    ・テーブル停止位置制御用(原位置オーバーラップ位置)確認LS付
    ・制御電源供給用メタリックカーボンブラシ付き
    ・テーブル回転停止用ブレーキ回路内蔵
  • 溶接機:ダイヘン CPXD350 × 2台
  • 溶接トーチ周辺部品、ワイヤ送給装置 × 1式
  • 下部フランジクランプ治具、パイプクランプ装置 × 1式
(2)電気のシステム
  • タッチパネルを搭載。機種追加もお客様で可能。
(3)付帯設備
  • ベース
  • エリアセンサー 有り
  • スタンド式遮光カーテン 有り
  • 操作盤と制御盤は別体
  • 一次側のブレーカーボックス 有り
  • 起動BOX
  • 溶接トーチ出退装置

ページの先頭へ戻る

copyright c Mitzba Denyosha all rights reserved.