PAGE TOP

三葉電熔社

取扱製品 Q&A

Q&A
チップは数多くの種類が有りますがどのような違いがあるのですか?

Q. チップは数多くの種類が有りますがどのような違いがあるのですか?

A. それぞれ、価格相応の耐久性があります。

ダイヘン・コンタクトチップの性能一覧を例に紹介しながら説明します。
違いは大きく分類して、

  • 材質の違い
  • 長さの違い
  • 質量の違い

の3つの違いが有ります。

<材質>
純銅 < クロム銅 < ジルコニウムクロム銅
と寿命が長くなります。

<長さ>
40mmと45mmの2種類が有ります。
ダイヘンの黒トーチは40mmで、ブルートーチは45mmを使用します。
ノズル先端から極端に飛び出ていたり、引込んでいたら合っていませんのでご注意ください。ロボット等は40mmが標準です。

<質量>
長寿命の物程、質量が重くなる傾向にあります。
高温になるとチップが柔らかくなり、摩耗が加速します。
これに対して熱容量をもたせることで高温になる迄の時間を稼ぎ、結果寿命を延ばすことができるからです。

<ダイヘンのチップ寿命比較>

短チップ ≒ Fチップ < Aチップ < Tチップ < MAGチップ << CWチップ

特にCWチップはチップ先端にタングステン合金を採用していますのでチップ先端の機械的強度・耐久性が大幅に違います。
その結果Aチップの約5倍の寿命となっています。

価格も比例しますが、それ以上に寿命が延びますので当然経済効果はあるはずです。

以下各製品の特徴です。

Fチップ  純銅(低価格)
Aチップ  ジルコニウムクロム銅
Tチップ  ジルコニウムクロム銅+質量UP
MAGチップ ジルコニウムクロム銅+さらに質量UP
CWチップ  MAGチップの性能に加えて先端をタングステン合金

どれが一番いいか迷われているお客様はフローチャートをご覧いただければ便利かと思います。ご活用ください。

また、数量割引等もございます。
お問い合わせ頂ければ御見積りさせていただきます。

取扱製品ページへ