事例・実績

圧入機低価格で、シェルにサブアッシーを圧入したい

マフラーセパレータコンプ圧入機

海外仕様、600万円以下の低価格。油圧シリンダー荷重1t。製品加工可能能力 L300~500。

システム概要
(1)システム概要、ワークのサイズ、材質

油圧シリンダーを使って、シェルにセパレータを圧入する設備。
通常はサーボにて行うが、海外仕様のため低価格の油圧にて製作。
1式600万円以下の低価格。油圧シリンダー荷重1t。
製品セット姿勢横置き。製品加工可能能力L300~500。

ライン・ロール円筒成形→TIG直線溶接→セパレータコンプ溶接→セパレータ圧入→プレート圧入までのライン。 本機は上記の案件のセパレータ圧入部に該当する。

<ワーク情報>
セパレータコンプ 全長363mm、長辺250mm短辺150mmの楕円 薄板を円筒状に直線溶接をした後の円筒ワーク(シェル)にセパレータ(排気音消音器)を圧入する。

(2)全体図

(3)要求仕様を満たすための創意工夫
  1. 薄板円筒に確実にセパレータを圧入するために、先に目的の楕円形状に合わせる。その後しごき型に合わせて圧入型が追従する形で圧入することで、圧入をしやすくしている。
  2. ロードセルではコスト高になるため、油圧圧力変化がわかるようなアナログメーターに変更し、圧入荷重の変化が読み取れるようにした。→荷重が大きければシェルの周長を伸ばし、円筒を大きくするなどの前後工程含めた適切な対応が取れるようになる。
  3. タクトタイム短縮のため待機位置を最短にした。
  4. 治具判別は、将来的に2機種分増設できるように設計することで機種追加の際にも最小コストで対応できるようにしている。
お客様メリット
(1)中国向け圧入機のため安価に製作

コストを抑えるために油圧を選定し、イニシャルコストを低減。

(2)品質を確保

パイプの出代を突き当てのストッパにて管理することで後工程の溶接の品質を確保している。
薄板円筒の溶接ビード位置をそろえる目安としてレーザポインタにて目安位置を表示。これにより回転方向の圧入のばらつきを最小限にしている。

ページの先頭へ戻る

copyright c Mitzba Denyosha all rights reserved.